Japanese (日本語)
консульство японии

Генеральное консульство Японии в Санкт-Петербурге
在サンクトペテルブルク日本国総領事館

   

総領事からの挨拶

 

みなさま,こんにちは。

このたび私は在ハバロフスク総領事館への転勤を命じられ,近くサンクトペテルブルクを去ります。当地で勤務した2年間,サンクトペテルブルク市とレニングラード州の皆様には大変お世話になり,深く感謝申し上げます。それぞれの行政,議会,文化関係機関の関係者には,当館行事に多大なご支援をいただき,また,多数の日本側代表団を快く迎えていただきましたことに改めて感謝いたします。また,住民の皆様には,当館の各種行事に何度もご来訪いただき,ありがとうございました。皆様から賜りました温かいご厚意は忘れません。

正直に言って,当地で日本への関心がこれほどまでに高いとは思っていませんでした。一方今は,日本での当地に対する関心が高まっており,私の在勤中に,文化交流以外でも,経済プロジェクト,地域間交流が飛躍的に拡大したと感じます。また,本年は日露交流年でもあるため,大型の文化行事や新しい分野での経済・学術プロジェクトの行事が当地でも多数開催されたこと,更に,5月のサンクトペテルブルク国際経済フォーラムには安倍総理が参加されたことなど,歴史的意味を持つ年であると考えます。このような時期に総領事として当地で勤務出来たことを大変嬉しく思います。

私は,2016年7月末にネヴァ川にある北の都での暮らしを始めました。それまでもこの街は何度も訪れているので,この街のこと,人々のことを多少は知っていると考えていましたが,その理解は間違いでした。住んでみると,この街が文化・芸術の街であるだけではなく,政治の街,宗教の街,産業の街,学問の街,そして何よりも,庶民の街であることを発見しました。劇場でも,美術館でも,レストランでも,スーパーマーケットでも,人々の優しさ,暖かさを沢山感じることが出来ました。サンクトペテルブルクとレニングラード州は世界に誇れる土地と住民であることを確信しました。

短い期間でしたが,多くの素晴らしい人々と知り合えて,また,親友も見つけることが出来て,私はとても幸せです。この夢の街,友人のいる街を離れることはとても悲しいですが,愛する街の思い出を生涯記憶に残し,新しい勤務地でも仕事と新しい友人探しに努力したく考えます。私は去りますが,心はネヴァ川に沈めておきます。

ダ スビダーニヤ!

 

2018年10月9日

在サンクトペテルブルク日本国総領館

総領事 福島正則